家庭教師が産まれた理由

日本での家庭教師とは本来勉学のみを教えるものではなく、地位のあるものや、裕福な家庭の子弟へ作法なども含めて教える者のことでした。
昔は家庭教師は現在以上に様々なものに生都している必要があり、上流階級の子女の教育をしていく上で必要不可欠な存在となっていました。
しかし時代が移り変わり受験ブームが起きてからは基本的には大学、高校受験のための学力向上を目的としたものと変化していき、さらに現在では大学、高校受験のための物だけではなく、中学受験などの小学生向けの物や受験ではなく学校の成績向上、学校に通うことの出来ない子供の為の指導など多岐にわたっています。

家庭教師だけでなく、予備校や塾も含めて教育関係は原則として子供を対象としているものですので、全体のパイが少なく時代のニーズによって移り変わりやすいものです。
その中で受験指導だけでなく、学校替わりとしての家庭教師が出てきたことは一見過去の家庭教師の形に戻っているようにとることもできます。
しかし、実際は昔の形に戻っているのではなく、様々な形式の生き方が認められる今だからこそ学校だけではカバーしきれない多様性があります。
 つまり個性が認められるようになったのでさまざまな形の生き方が出来るようになったのです。
そのため、塾や予備校に通う学生が多くなっていましたが、家庭教師という存在は型にはめる必要のない自由な個性を育む教育として改めて見直されているのです。


<Recommend Site>
小学校受験から社会人まで様々なコースに対応した家庭教師を紹介しているサイトです ... 家庭教師 紹介

Copyright © 2014 家庭教師の歴史 All Rights Reserved.